NPO法人 全国結婚相談業教育センター(内閣府認証)

  • お問い合わせはこちらから
  • 日本仲人協会
TOP > コラム

30代の結婚の現実とは?嫁入り評価額が低い人がやるべき5つのこと

  • 2018.8.30
  • コラム

30代になると周りが結婚していて取り残されてしまっていませんか?

日々の生活の中で嫁入り評価額を上げて理想の結婚生活を送れるようにしていきましょう。

自分は結婚できないかもと不安になっているあなたはまずは嫁入り評価額を上げてみてはいかがでしょうか。

30代の結婚ラッシュに焦らないで!嫁入り評価額を高めて理想のパートナーを

20代と比べると30代は仕事もひと段落がついてくるので、今の内にお嫁さんになれる力(嫁入り評価額)を上げて結婚を近づけてみてはいかがでしょうか。

今回は結婚へぐっと近づく嫁入り評価額を上げる5つの方法をご紹介します。

1. パートナーを支える食事

 

嫁入り評価額が低い人がやるべきこと1

 

“男性の胃袋を掴むのは大事”と昔から言われていますが、嫁入り評価額を上げるために大切なポイントです。

仕事が落ち着いてきた今の内にクッキング教室に通ったり、料理の栄養学を学んだりしてみてはいかがでしょうか。

パートナーを内面から支えられる食事が作れるのは大きな魅力の一つになりますよ。

また、結婚生活を営む上で料理は必須の力となるので、時間のある内に料理スキルをアップさせておきましょう!

2. 洗濯や掃除といった家事

 

嫁入り評価額が低い人がやるべきこと2

 

料理だけではなく日々の洗濯や掃除がスムーズにできるのかも結婚できるかどうかに繋がる大きなポイントの一つです。

実家で暮らしている女性はついつい親に家事を任せていませんか?

いつの時代であっても家事ができる女性は男性にとって魅力的に見えるので、親に家事を任せていた場合は少しずつ自分で家事をしていくようにしましょう。

家庭的な女性は男性を安心させるので、家事スキルの向上は嫁入り評価額を上げるのにおすすめですよ。

3. お金の管理スキル

 

嫁入り評価額が低い人がやるべきこと3

 

男性に結婚したいと思わせるかどうかで大切になってくるのは堅実な金銭感覚があるかどうかです。

浪費癖がある女性と結婚したいとは思う男性はほとんどいないので、お金の管理スキルは磨いておきましょう。

簡単な家計簿をつけたり、毎月一定額を貯金したりするのも堅実な金銭感覚を身につけるにはおすすめの方法ですのでぜひお試しください。

4. パートナーを喜ばせる力

 

嫁入り評価額が低い人がやるべきこと4

 

結婚生活をスムーズに営んでいる女性はパートナーを喜ばせる力が高い女性が多くいます。

例えば、相手をポジティブにさせる言葉を伝えていたり、素直に感謝を伝えていたりすると結婚生活がスムーズに進みます。

日々の生活で身につけられる力ですので、職場や友達との会話の中で意識しながら伸ばしていきましょう。

5. 一人でも楽しめる趣味を見つける

 

嫁入り評価額が低い人がやるべきこと5

 

男性に依存しない女性になるのも嫁入り評価額を上げることにおいて重要なポイントです。

独占欲が高いとどうしても男性側が女性側の気持ちを重く感じてしますので、居心地が悪くなってしまいます。

そうならないためにも、一人で楽しめる趣味を見つけておくのがおすすめですよ。

30代からでも結婚にむけて行動しよう

嫁入り評価額を上げる5つの方法はいかがでしたか。

結婚を近づけるには、まずは自分を磨いて素敵な女性になることが大切です。

自分磨きを忘れずに理想のパートナーを見つけて、楽しい結婚生活にむけて30代から行動していきましょう。

結婚相手の選び方が分からない女性はこちらもご参考ください。

まだ迷っているの?正しい結婚相手の選び方の3つのコツとは?

婚活中に一度は試して欲しい!
「仲人士」って?

  • CTAのアイコン

    大手結婚相談所より
    低価格!

  • CTAのアイコン

    担当の仲人を自分で
    選べる!

  • CTAのアイコン

    ひとりに寄り添った
    サポート!

結婚相談サービスのノウハウを学んだ、経験も実績も豊富なベテラン仲人があなたの婚活をサポート致します。性別や年齢、考え方や実績など、仲人の情報を知ったうえで自分に合う仲人を見つけてください!

詳しくはこちらから